岡山大学グローバル人材育成院のホームページです。

現地レポート現地レポート

いろいろな刺激を受けることができるのが留学の魅力

南オーストラリア大学(オーストラリア)/法学部 経江利川悟さん

みなさんこんにちは、法学部2回生の江利川悟です。EPOK派遣でオーストラリア・南オーストラリア州アデレードにあるUniversity of South Australia に留学しています。
アデレードは今ちょうど春から夏にかけて暖かくなってくる季節です。というよりも、暑くなってくる季節ですね。日によって最高気温が30℃を超えることもあれば、 25℃を下回る日もあったり、とまさに季節の変わり目といったところです。昼間に27℃くらいまで暖かくなって油断していると、夜には20度を下回って風も強くなってくるのがなかなかやっかいですね。
そんなこの時期、大学はちょうど後期の終盤!Final ExamやFinal Essayに追われる日々です。 (実はこのレポートと同時進行でFinal Essayを書き進めているところです)晴れていて風の穏やかな日には散歩にでも行きたいところですが、 もうしばらくは我慢の日々が続きそうです。アデレードは city centre の周辺が公園で囲まれおり、僕もアパートから city centre に行くときにはサイクリングついでに公園を通ります。 野鳥を見ながらゆっくり自転車をこぐ癒しの時間ですね(笑)公園のベンチでコーヒー片手に頭の中身を整理したら Essay のアイデアも浮かんでくるかなあ…。 なんてことを考えていてもなかなか Essay は進みませんね。がんばります。

夕方のRymill Park (East End of Adelaide)
夕方のRymill Park (East End of Adelaide)
 

コーヒーといえば、オージーは大のコーヒー好き!どのコーヒーショップも屋外にテーブルを並べていて、そこで日に当たりながら ‘Italiano’ のコーヒーを飲むのがオーストラリア流です。イタリア系移民の影響で、オーストラリアでは ’Americano’ コーヒーのスターバックスが全土から撤退したほど。 コーヒーへの強いこだわりがうかがえます。イタリア系やイギリス系をはじめとするヨーロッパからの移民の影響ももちろん、 中華系・マレー系・インド系・アラブ系・その他様々なルーツを持った文化が入り交じった国なので、衣食住のあらゆる場面で異文化に触れることができます。
アデレードには岡山大学の協定校が2校、現在の岡山大学からの派遣学生数は5名、とEPOK協定校のなかでも有数の「日本人街」です。 それぞれのネットワークを使いながら友達の輪を広げていけるのもアデレードの魅力ですね。オーストラリアでは大学生のうち25%が留学生というだけあって、 友達の国籍も様々ですし、ひとりひとり興味深いバックグラウンドを持っています。そういった環境で本当にいろいろな刺激を受けることができるのが留学の魅力ですし、 アデレードはまさに最適の環境だと言えます。
現時点で滞在4ヶ月、残り8ヶ月の留学期間中に、様々な経験を積み重ねてくるつもりです。 University of South Australia や University of Adelaide への留学についてご質問等あればお気軽におたずねください!
*\(^O^)/*

2014年11月
Chai Latte、イタリアとインドの文化があわさったオーストラリアならではの飲み方
Chai Latte、イタリアとインドの文化があわさった
オーストラリアならではの飲み方
友達の家でマレー系料理をごちそうになる
友達の家でマレー系料理をごちそうになる
 
Voice 一覧
ページトップへ