岡山大学グローバル人材育成院のホームページです。

履修申請方法(二次募集)履修申請方法(二次募集)

応募資格応募資格

以下の(1)~(3)を全て満たす方

応募資格 (1)平成29年度入学生(学部1年生)

(2)国際的な活動や,地域と日本の文化への深い理解を踏まえた異文化交流に意欲のある方。

(3)原則として2年以内に以下のいずれかのスコアを取得したことがある方。

①TOEIC 580点以上

②TOEFL iBT 60点以上

③TOEFL PBT 500点以上
            
④IELTS 5.5点以上
定 員 10人程度
そ の 他 以下の日程で,コース履修説明会を開催します。
【平成29年7月12日(水)14時 一般教育棟C棟2階C22】
参加できない方はグローバル人材育成院窓口にて個別に対応しますので,下記までメールにて必ずご連絡ください。
グローバル人材育成院  Email:global@adm.okayama-u.ac.jp
 

履修の申請方法履修の申請方法

履修を希望する場合は,以下の申請時期に,所定の「グローバル人材育成特別コース履修申請書(別記様式1)」により,所属学部の教務学生担当窓口で申請手続きを行ってください。

「グローバル人材育成特別コース履修申請書(別記様式1)」は,以下からダウンロードして記入してください(WORDとPDFはいずれも同じものです。 閲覧環境に合わせてダウンロードをしてください)。
「リーダーシップ(Short-term Abroad)」グループの履修を希望する場合は,チェック欄にチェックをしてください。

グローバル人材育成特別コース履修申請書(別記様式1)ファイル

履修申請書(Word) 履修申請書(PDF)
申請期間 平成29年7月14日(金)~8月2日(水)
提 出 先 所属学部等の教務学生担当窓口
 

履修者の決定履修者の決定

まず所属学部等において候補者を選考します。所属学部等の長から推薦があった学生について,グローバル人材育成院が書類等により審査を行い、本コースの履修者を決定します。

 

審査結果審査結果

審査結果は,8月28日(月)に,履修申請書に記載したGメールアドレス宛に通知し,履修が許可された学生に対しては,今後の手続き等を併せて連絡します。 また,所属学部等の掲示板に履修許可者の学生番号を掲示します。学生証持参で本人確認ができる場合は,グローバル人材育成院の窓口でも結果をお知らせします。

 
<
一次募集についての履修申請方法はこちらをご覧ください。

履修申請方法(一次募集)履修申請方法(一次募集)

応募資格応募資格

平成29年度学部入学者(1年次生)のうち、国際的な活動や、日本文化及び地域社会への深い理解を踏まえた異文化交流に意欲があり、かつ、次の英語力の基準を満たす者とします。

英語力の基準 4月3日に実施すした全学統一TOEIC IPテストで500点以上を取得した者。
(500点未満であっても、以下の者に限り、応募可能とする)

原則として2年以内にTOEICで500点以上のスコアを取得したことがある者。

原則として2年以内にTOEFL iBTで52点以上のスコアを取得したことがある者。

原則として2年以内にIELTSで5.0点以上のスコアを取得したことがある者。

英検準1級以上に合格している者。
定 員 100人
そ の 他 コースの定員に満たなかった場合は、二次募集を行うことがあります。
なお、法学部法学科夜間主コースの学生は履修対象外となります。
また、大学院からの新規履修も認められません。
 

履修の申請方法履修の申請方法

履修を希望する場合は、以下の申請時期に、所定の「グローバル人材育成特別コース履修申請書(別記様式1)」により、所属学部の教務学生担当窓口で申請手続きを行ってください。

「グローバル人材育成特別コース履修申請書(別記様式1)」は、以下からダウンロードして記入してください(WORDとPDFはいずれも同じものです。 閲覧環境に合わせてダウンロードをしてください)。また、履修案内にも様式を挿入しています。

グローバル人材育成特別コース履修申請書(別記様式1)ファイル

履修申請書(Word) 履修申請書(PDF)
申請時期 平成29年4月10日(月)~4月24日(月)
提 出 先 所属学部等の教務学生担当窓口
 

履修者の決定履修者の決定

まず所属学部等において候補者を選考します。所属学部等の長から推薦があった学生について、グローバル人材育成院が書類等により審査を行い、本コースの履修者を決定します。

 

審査結果審査結果

審査結果は、5月8日までに、履修申請書に記載したGメールアドレス宛に通知し、履修が許可された学生に対しては、今後の手続き等を併せて連絡します。 また、所属学部等の掲示板に履修許可者の学生番号を掲示します。学生証持参で本人確認ができる場合は、グローバル人材育成院の窓口でも結果をお知らせします。

 
ページトップへ