岡山大学グローバル人材育成院のホームページです。

学部で学びながら充実したプログラムを履修

岡山大学に入学し、グローバル人材育成特別コースの履修を希望した学生の中から、一定の英語力、書類審査等により選抜します。 選ばれた学生は、入学した学部に所属しながら、コースのカリキュラムに則して英語力養成、海外研修・留学などのプログラムを履修し、グローバルリーダーシップを育むことができます。
グローバル人材育成特別コースの流れ

コース内容紹介

英語力養成プログラム(SPAcE)

留学に向けて総合的な英語力強化、ネイティブ教員による習熟度別指導、TOEFL・IELTS試験対策、アカデミック・ライティング、英語プレゼン能力開発

グローバル・コア1

コミュニケーション開発、異文化理解、日本文化理解、瀬戸内の自然環境・地域の産業

グローバル・コア2

英語による専門教育
(グローバル・スタディズ)

サマー・スプリングスクール

約1〜5週間の海外短期研修
(北米・欧州・東南アジア・オセアニア)

短・長期海外留学・インターンシップ

海外等における専門教育科目の修得とグローバルリーダーシップの育成
※学部によって留学時期・期間は異なります。

 

修得単位の取扱い

本コースにおいて修得した単位は、 所属学部が編成している教育課程の授業科目の取扱い(全学で定めている教養教育科目の授業科目に係る取扱いを含む。)により、 原則として、所属学部の卒業要件単位に算入されますが、算入できる単位数には限りがありますので、 所属学部の学生便覧等でよく確認してください。

修了要件について(平成29年度入学生)

本コースにおいて修得した単位は、コースの全科目の単位を取得し、本学を卒業することとします。 所属学部の卒業要件を満たした場合は、本コースの履修が途中であっても卒業となりますので、以後の履修はできません (但し、本学の大学院へ進学した場合を除く)。 大学院進学後、引き続きコースを履修する場合の取扱いについては、以下のとおりです。

大学院で継続履修をすることができる者は、学部段階でコース科目を14単位以上 (6年制学部:医学部医学科、歯学部、薬学部薬学科にあっては16単位以上)を修得し、 本学を卒業後、 引き続き本学の大学院に入学した者とする。この場合において、「本学を卒業後、引き続き本学の大学院に入学した者」には、 次に掲げる者を含むものとする。

  • 本学の6年制学部を卒業した後、臨床研修等を経て3年以内に本学博士課程に入学した者
  • 本学の4年制学部を卒業した後、3年以内に本学の博士前期課程に入学した者
  • 本学の4年制学部を卒業した後、3年以内に本学の博士前期課程に入学し、同課程を修了した後、3年以内に博士後期課程に進学した者

大学院進学後は、科目等履修生としてコース科目を履修します(別途手続きが必要です)。 本コースの修了要件を満たした時点で本コースの修了となります。 (大学院修了は、本コースの修了要件とはしません)

なお、大学院からの新規履修は認められません。

その他留意事項

本コース履修者は、他の副専攻コースを履修することができません。(学部のみ)

ページトップへ